百怪図谱

编辑:呆滞网互动百科 时间:2019-11-17 19:04:54
编辑 锁定
《百怪図谱》是2007年讲谈社出版社出版的图书,作者是京极夏彦。
作    者
京極夏彦
ISBN
9784062139663
页    数
94ページ
定    价
2,730
出版社
講談社
出版时间
2007-5-1
装    帧
大型本
副标题
京極夏彦画文集

目录

百怪図谱内容介绍

编辑
出版社/著者からの内容绍介
石燕、北斎、暁斎、そして京极夏彦。
怪しい系谱はここに引き継がれた。
わいら/鬼一口/野寺坊/青坊主/涂仏/おとろし/狂骨/魍魉/方相氏/络新妇/鉄鼠/精蝼蛄/ぬっぺっぽう/うわん/ひょうすべ/倩兮女/毛倡妓/阴摩罗鬼/河童/豆腐小僧/ゑびす/福助/隠神刑部狸/鬼/鸣釜/瓶长/山颪/泥田坊/岸涯小僧/手の目/火车/猫また/川赤子/文车妖妃/姑获鸟
京极流妖怪の出现
私は作家=文人とは想っていない。文人とは、品、格、余韵、この3点を体得した人物のこと、こう想っている。つまり、文、书、画のことだが、実を言うと、京极夏彦の书を初めて视たとき、その古法に裏打ちされた格调の高さに圧倒された。次には京极夏彦の画が视たいとの冲动に駆られた。题材は自ずから决まっている。妖怪だ。最初に「わいら」、次に「狂骨」のスケッチを视た。想った通りである。题材は妖怪なのに、そこには悲しみと哀れみが溢れ、何とも言えぬ余韵があった。结局そこから1年以上を要したが、京极夏彦は「百怪図谱」の第1弾として、ものの见事に京极流妖怪35点を出现させた……、その全てが私の想いを遥かに超えて。明石散人(作家)
内容(「BOOK」データベースより)
本书に収録されている三十五点の図版は、いずれも西暦二〇〇〇年に银座のアートミュージアム及び画廊シノダ・アートサロンにて行われた「百怪図谱」なる展示会に出品したリトグラフの复制です。モチーフはすべて「妖怪」です。
[1] 
参考资料
词条标签:
出版物 书籍